ハンターハンター裏考察

このブログはハンターハンターを独自の視点で考察するブログである

第14王子(ワブル)の守護霊獣の能力は、透明化か?(※記事の表現を修正して再投稿) 

第14王子(ワブル)の守護霊獣の能力は、透明化か? 根拠は34巻でワブルの守護霊獣が半透明になっているから

 第14王子(ワブル)の守護霊獣の能力は、透明化(人を透明にする能力)だと思う。ワブルの守護霊獣(クラゲのようなもの)が半透明になっているからである。

f:id:shiga-akiyoshi:20210804234804j:plain

ハンターハンター34巻197Pより引用)

守護霊獣の数からして複数の人間も透明にできる?

 透明にする人間の範囲については、ワブルの守護霊獣の数からして、ワブルだけでなく複数の人間を透明にできる可能性が高い。透明化の発動の時にワブルだけでなくワブルに触れている人間も透明にするのだろう。

発動条件、透明化が続く時間は不明

 発動条件、透明化が続く時間は不明である。

毒針を刺す能力もあるかも

 守護霊獣がクラゲに似てることからして、ワブルに攻撃した人間に毒針を刺す能力もあるかもしれない。

透明状態になった人間の寿命の概念を無くす能力(病気や老化で死なない体にする。念能力使用による寿命減少も無効にする能力)もあるかも

 クラゲにはベニクラゲのように寿命の概念の無いもの(病気や老化で死なない)もいる。
 ワブルの守護霊獣には、透明状態になった人間の寿命の概念を無くす能力(病気や老化で死なない体にする。念能力使用による寿命減少も無効にする能力)もあるかもしれない。